花にとまった蝶

 


季 節


 


【分 類】


動物

 


【意味・説明】


単に「蝶」とした場合は、春の季語となります。


If it is simply “cho”, it is the season word for spring.

 


【例 句】


蝶とぶや此世に望みないやうに
(小林一茶)

かたばみに同じ色なる蝶々かな
(村上鬼城)

山吹の蝶を見てゐて得度かな
(飯田蛇笏)

ほろ~と蝶こぼれ来る木下闇
(富安風生)

蝶を見しこころそのまま夜となる
(阿部みどり女)

みちのくと聞けば遠さや蝶を見る
(高橋淡路女)

蝶追うて春山深く迷ひけり
(杉田久女)

なつかしや帰省の馬車に山の蝶
(水原秋桜子)

蝶とべり飛べよとおもふ掌の菫
(三橋鷹女)

三方に蝶の分かれし立葵
(中村汀女)

天よりもかがやくものは蝶の翅
(山口誓子)

あをあをと空を残して蝶別れ
(大野林火)

蝶いこふ姥百合の実に翅立てて
(下村ひろし)

回想のうちそと蝶が舞ひはじめ
(加藤楸邨)

愁あり歩き慰む蝶の晝
(松本たかし)

小学帽目までかぶりて蝶つまむ
(細見綾子)

さきをゆく人との間に蝶絶えず
(篠原梵)

草市の荷を解けばすぐ蝶きたる
(皆川盤水)

奈落めく万緑の谷蝶ただよふ
(鷲谷七菜子)

僧房の谷間より蝶吹きあがる
(柿本多映)

 


【関連季語・子季語】


胡蝶  白蝶

 


【他の季語を探す】


春の季語

夏の季語

秋の季語

冬の季語

新年の季語

五十音で探す

 

スポンサーリンク