二つの牡丹餅

 


季 節


 


【分 類】


時候

 


【意味・説明】


俳句で、ただ「彼岸」とした場合は春の季語となります。

秋の彼岸は「秋彼岸」とします。

スポンサーリンク

 


【例 句】


あかあかと彼岸微塵の仏かな
(川端茅舎)

新らしき杖まゐらする彼岸哉
(尾崎紅葉)

色々の墓見歩くも彼岸かな
(野村喜舟)

うき人よ彼岸参りの薄化粧
(正岡子規)

うつくしき尼にまみえし彼岸かな
(阿部みどり女)

うとましや彼岸七日の晴れつづき
(久保田万太郎)

会釈して影の縮まる彼岸婆
(岸田稚魚)

大寺の彼岸の明くる御経かな
(高野素十)

大寺の松風寒き彼岸かな
(鈴木真砂女)

お彼岸の狐帰り来る夜道かな
(内田百間)

お彼岸や心の丈に土筆摘み
(森澄雄)

風晴れて夕となりし彼岸かな
(原石鼎)

葛飾にむかしをおもふ彼岸かな
(永井荷風)

くもりしがふらで彼岸の夕日影
(榎本其角)

傾城に菎蒻くはす彼岸哉
(高井几董)

乞食の子も孫もある彼岸かな
(内藤鳴雪)

ざくざくと彼岸浅蜊や浅蜊掻
(百合山羽公)

誘ひあひ彼岸詣りの老姉妹
(星野立子)

砂山の砂の崩るゝ彼岸かな
(鈴木真砂女)

竹の芽も茜さしたる彼岸かな
(芥川龍之介)

種売に彼岸の御堂峨々とたつ
(百合山羽公)

月日過ぎただ何となく彼岸過ぎ
(富安風生)

手に持ちて線香賣りぬ彼岸道
(高浜虚子)

東京の寺に詣づる彼岸かな
(永井龍男)

なか空に蝶舞ひあがる彼岸かな
(村山故郷)

何まよふひがんの入日人だかり
(上島鬼貫)

二三日つゞき耐へもし彼岸寒
(高浜年尾)

庭芝も茜さしたる彼岸かな
(芥川龍之介)

沼に沿ひ杖を漕ぎゆく彼岸婆
(秋元不死男)

墓の間に彼岸の猫のやつれけり
(石田波郷)

 


【関連季語・子季語】


 

 


【他の季語を探す】


春の季語

夏の季語

秋の季語

冬の季語

新年の季語

五十音で探す

 

スポンサーリンク