雛人形

 


季 節


 


【分 類】


人事

 


【意味・説明】


3月3日の雛祭は、古くには上巳(じょうし)と呼ばれていました。

この上巳は五節句の一つで、他の節句は以下のものです。

・人日(じんじつ):1月7日

・端午(たんご):5月5日

・七夕(たなばた):7月7日

・重陽(ちょうよう):9月9日


On March 3, hinamatsuri was called joshi in the old days.

Joshi is one of the five festivals, the other festivals are the following.

・jinjitsu:January 7

・tango:May 5

・tanabata:July 7

・choyo:September 9

 


【例 句】


雪信が屏風も見えつ雛祭り
(高井几董)

まじへ買ふ桃と桜や雛祭
(正岡子規)

桃さくやゐなかは旧の雛祭
(正岡子規)

君に似よ我に似よとて雛まつり
(会津八一)

雛まつりしづかなる日の海荒るる
(阿部みどり女)

ちゝはゝのある子の幸や雛祭
(高橋淡路女)

若き父鯛を釣り来と雛まつり
(山口青邨)

遠き世の長押の鎗や雛祭
(水原秋桜子)

雛祭るくさやのひもの干す家も
(阿波野青畝)

雛祭る家一軒も見当たらず
(右城暮石)

雛祭顔を洗ひし眉のみだれ
(中村草田男)

厨房に貝があるくよ雛祭
(秋元不死男)

世に古りてなほ娘なる雛祭
(日野草城)

遠雲は縁でかゞやく雛まつり
(平畑静塔)

雛まつり藪垂れ込めて夜が来ぬ
(村山故郷)

雛祭るちひさき幸にためらふな
(清水基吉)

永き日の夜をながくし雛祭
(森澄雄)

碧空に山するどくて雛祭
(飯田龍太)

竹の奥うすむらさきに雛祭
(大峯あきら)

雛祭浅蜊は管を足にして
(高澤良一)

 


【関連季語・子季語】


雛  ひいな  桃の節句

 


【他の季語を探す】


春の季語

夏の季語

秋の季語

冬の季語

新年の季語

五十音で探す

 

スポンサーリンク