夜の闇に光る蛍


季 節


 


【分 類】


動物

 


【意味・説明】


「蛍」は、関連した季語を数多く持ちます。

スポンサーリンク

 


【例 句】


あぢきなや広げぬ文にとぶ蛍
(上島鬼貫)

あるじなき几帳にとまる蛍かな
(高井几董)

一心にともして飛べる螢かな
(高橋淡路女)

うかれ女の螢這はすや笛の穴
(松瀬青々)

うすものの螢を透す螢かな
(泉鏡花)

大いなる螢の闇に細き道
(星野立子)

己が火を木々に蛍や花の宿
(松尾芭蕉)

かたまるや散るや蛍の川の上
(夏目漱石)

この螢田毎の月にくらべみん
(松尾芭蕉)

しののめやとめし蛍を置き忘れ
(加賀千代女)

すべり落つる薄の中の蛍かな
(河東碧梧桐)

つと逃げし螢の闇のみだれかな
(中村汀女)

つゆすべる螢いくたび見し家路
(松村蒼石)

どこ迄も奥あるやうに螢とぶ
(松瀬青々)

とぶ蛍あれと言はんも一人哉
(炭太祇)

とりためて人にくれたる螢かな
(会津八一)

のぼりつめ葉にわかれとぶ螢かな
(西山泊雲)

はかなきは女人剃髪螢の夜
(飯田蛇笏)

一つ籠になきがら照らす螢かな
(渡辺水巴)

ひとりゐて螢こいこいすなつぱら
(太宰治)

ふれし手に葉をこぼれたる螢かな
(上村占魚)

もらひ湯の螢つめたき山の風
(中勘助)

夕されば螢の花のかさい哉
(小林一茶)

ゆく螢宿場のやみを恋塚へ
(泉鏡花)

よるの雨尻へぬけたる蛍哉
(井原西鶴)

 


【関連季語・子季語】


初蛍  飛ぶ蛍  昼蛍  夕蛍

蛍火 蛍狩 蛍籠

 


【他の季語を探す】


春の季語

夏の季語

秋の季語

冬の季語

新年の季語

五十音で探す

 

スポンサーリンク