鰯の群れ

 


季 節


 


【分 類】


動物

 


【意味・説明】


「いわし」の名前の由来については、「陸に揚げるとすぐに弱る魚(→よわし)」「身分が高いものは食べない卑しい魚(→いやし)」など、いくつかの説があります。

節分には「柊鰯(ひいらぎいわし)」として魔除けに使われたり、「節分いわし」と呼ばれて食されることもあります。

「鰯の頭も信心から」ということわざにも用いられています。


Regarding the origin of the name of “iwashi(sardine)”, there are some theories such as “fish weak immediately when flying on land (→ yowashi)” and “low fish that does not eat those with high status (→ iyashi)”.

At Setsubun sardine is used for amulets as “hiiragi iwashi”, or sometimes called “setsubun iwashi” to be eaten.

It is also included in the proverb “faith can make a sardine sacred”.

 


【例 句】


此浦に花も紅葉も鰯かな
(各務支考)

日の光今朝は鰯のかしらより
(与謝蕪村)

鰯めせめせとや泣子負ひながら
(小林一茶)

三銭の鰯包むや竹の皮
(正岡子規)

夕焼や鰯の網に人だかり
(正岡子規)

小鰯や菜よりも安き二三日
(尾崎紅葉)

舟宿に鰯さしたる夕哉
(松瀬青々)

海荒れて膳に上るは鰯かな
(高浜虚子)

西日して薄紫の干鰯
(杉田久女)

浜の娘は鰯をたべて羽根つけり
(萩原麦草)

掬ひ出す舟の鰯の無尽蔵
(右城暮石)

うすうすと七星かかぐ鰯船
(山口誓子)

魚好きもつとも鰯好みけり
(鈴木真砂女)

八方に鰯が立って秋の道
(坪内稔典)

 


【関連季語・子季語】


鰯売り  鰯引く  鰯汲む

鰯干す  鰯買ふ  鰯焼く

 


【他の季語を探す】


春の季語

夏の季語

秋の季語

冬の季語

新年の季語

五十音で探す

 

スポンサーリンク