葉から落ちそうな雨滴

 


季 節


 


【分 類】


時候

 


【意味・説明】


穀雨とは、一年を24等分したものに季節の名前を付けた二十四節気の一つです。

穀雨の日付は毎年 4月20日頃となります。

4/20 ~ 5/5頃の期間を「穀雨」ということもあります。

 


【例 句】


苗床にうす日さしつゝ穀雨かな
(西山泊雲)

掘返す塊光る穀雨かな
(西山泊雲)

伊勢の海の魚介ゆたかにして穀雨
(長谷川かな女)

夜を境に風邪熱落したり穀雨
(長谷川かな女)

琴屋来て琴鳴らし見る穀雨かな
(長谷川かな女)

鎌倉や穀雨を待たぬ窓の闇
(石川桂郎)

本当の雨脚となる穀雨かな
(平井さち子)

落款の少しかすれて穀雨かな
(都筑智子)

穀雨かな記紀にしるせし野を歩く
(伊藤敬子)

穀雨なる決断の指開きつつ
(松田ひろむ)

 


【関連季語・子季語】


 

 


【他の季語を探す】


春の季語

夏の季語

秋の季語

冬の季語

新年の季語

五十音で探す

スポンサーリンク