寝そべっている猫

 


季 節


 


【分 類】


動物

 


【意味・説明】


「猫の恋」という季語は、春の交尾の時期の猫が、毎晩のように鳴く様子を表現したものです。


The season word “nekonokoi” expresses how cats in time of the copulation in spring are crying almost every night.

 


【例 句】


うらやましおもひ切る時猫の恋
(越智越人)

ふみ分けて雪にまよふや猫の恋
(加賀千代女)

声たてぬ時が別れぞ猫の恋
(加賀千代女)

おもひ寐の耳に動くや猫の恋
(炭太祇)

あの声は何いふ事ぞ猫の恋
(正岡子規)

猫の恋円きはものゝうとましき
(尾崎紅葉)

淡雪や通ひ路細き猫の恋
(寺田寅彦)

炭斗にとぼしき炭や猫の恋
(原石鼎)

うつゝなに泣く児あやすや猫の恋
(高橋淡路女)

椎茸がうまるゝ夜の猫の恋
(萩原麦草)

この月夜いつか見たりき猫の恋
(山口誓子)

猫の恋昴は天にのぼりつめ
(山口誓子)

枕頭の歳時記更へむ猫の恋
(相馬遷子)

はるかなる地上を駆けぬ猫の恋
(石田波郷)

己が傷を舐めて終りぬ猫の恋
(清水基吉)

光明寺境内にして猫の恋
(森澄雄)

対峙してゐし猫の恋追はれたる
(稲畑汀子)

三つ並ぶ真中が鳴けり猫の恋
(小野恵美子)

夕月の楔打つたり猫の恋
(行方克巳)

父の墓あたりがさかん猫の恋
(櫂未知子)

 


【関連季語・子季語】


恋猫  春の猫  猫の夫  猫の妻

 


【他の季語を探す】


春の季語

夏の季語

秋の季語

冬の季語

新年の季語

五十音で探す

 

スポンサーリンク