白い花にとまる黄色い蝶

 


季 節


 


【分 類】


時候

 


【意味・説明】


清明とは、一年を24等分したものに季節の名前を付けた二十四節気の一つです。

清明の日付は毎年 4月5日頃となります。

4/5 ~ 4/19頃の期間を「清明」ということもあります。

 


【例 句】


清明や翠微に岐る駅路
(松瀬青々)

清明の路ゆく媼が念珠かな
(飯田蛇笏)

鳥ゐるや清明節のつちくれに
(吉岡禅寺洞)

清明の紛々の雨先づ聴かむ
(相生垣瓜人)

一つ葉や清明の滝懸りたる
(阿波野青畝)

清明に梅開かんとしつつあり
(深川正一郎)

清明の水菜歯ごたへよかりけり
(鈴木真砂女)

清明の琴鳴り花火天に爆づ
(岸風三楼)

清明や街道の松高く立つ
(桂信子)

挿木して清明の日の風呂焚けり
(皆川白陀)

校門へ清明の日の坂長し
(皆川白陀)

清明の爆竹ゆする土饅頭
(野澤節子)

清明や木樵の庭の鶏白し
(大峯あきら)

清明の月の遊びは何もせず
(平井照敏)

朝風呂を出て清明の日なりけり
(池田秀水)

 


【関連季語・子季語】


 


【他の季語を探す】


春の季語

夏の季語

秋の季語

冬の季語

新年の季語

五十音で探す

スポンサーリンク