満開の桜の花

 


季 節


 


【分 類】


時候

 


【意味・説明】


旧暦四月の異称に「卯月(うづき)」などがあります。


There is “Uzuki” etc. as an alias of the lunar calendar April.

 


【例 句】


思ひ立つ木曽や四月の桜狩り
(松尾芭蕉)

玉川を雪かとみれば四月かな
(上島鬼貫)

今年又花散る四月十二日
(正岡子規)

山葵田の水音しげき四月かな
(渡辺水巴)

晒布うてば四月の山辺応へけり
(飯田蛇笏)

柴山に日々風つのる四月かな
(原石鼎)

名残雪雲にまぎれず山四月
(阿部みどり女)

のびのびと山重なりて四月逝く
(松村蒼石)

松の丘の四月の雨の日なりけり
(尾崎迷堂)

四月には魚も愚かになると云ふ
(相生垣瓜人)

まひまひに子を連れてゐる四月かな
(三橋鷹女)

一日を落書となす四月かな
(阿波野青畝)

妹の嫁ぎて四月永かりき
(中村草田男)

メモしつゝ早や四月よとひとりごと
(星野立子)

愛やさし空に四月のアドバルン
(鈴木真砂女)

四月蒔く種と暦の示すあり
(石川桂郎)

ひとの死へいそぐ四月の水の色
(桂信子)

鶏鳴に起され四月はじまりぬ
(菖蒲あや)

ありそうな話やつぱりある四月
(宇多喜代子)

スプーンにうつりし顔も四月かな
(皆吉司)

 


【関連季語・子季語】


卯月

 


【他の季語を探す】


春の季語

夏の季語

秋の季語

冬の季語

新年の季語

五十音で探す

 

スポンサーリンク