新緑

 


季 節


 


【分 類】


植物

 


【意味・説明】


新緑は、初夏における新樹の鮮やかな緑色を意味する季語です。

「緑さす」と同趣向の言葉です。


Shinryoku is a season word that means the bright green color of new trees in early summer.

It is a word of the same savor as “midorisasu”.

スポンサーリンク

 


【例 句】


新緑や魚棲むらんか枝に石に
(渡辺水巴)

新緑の風にゆらるるおもひにて
(飯田蛇笏)

新緑や夜まで遊ぶ鹿を見し
(阿部みどり女)

新緑やたへにも白き琴弾く像
(山口青邨)

新緑の映ゆるにあらず鐘蒼し
(水原秋桜子)

新緑の肺に溶け入る湖畔荘
(佐藤春夫)

新緑の島根を洗ふ濤の段
(西島麦南)

新緑の土佐へ転居の荷を送る
(右城暮石)

新緑の雨やいそげる川の波
(山口誓子)

新緑の庭より靴を脱ぎ上る
(山口誓子)

新緑やうつくしかりしひとの老
(日野草城)

新緑の雨に紅茶のかんばしく
(日野草城)

新緑の椎の最も昂れる
(百合山羽公)

新緑に雨ひかり降り降りやまず
(柴田白葉女)

わが心わが身新緑の山に入る
(相馬遷子)

山門や新緑ゆたかなる大寺
(村山古郷)

新緑のなかまつすぐな幹ならぶ
(桂信子)

新緑を擽る風よせせらぎよ
(林翔)

まほろばの膽澤新緑水明り
(佐藤鬼房)

古塔小さし洩れ日翻りの新緑に
(石原八束)

新緑やこつてり絵具つけて画く
(高田風人子)

新緑の山並鏡なせりけり
(原裕)

塔仰ぐとき新緑に染まりつゝ
(稲畑汀子)

新緑の中鼎談の椅子置かれ
(池田秀水)

宿一歩出て新緑に目を細む
(高澤良一)

 


【関連季語・子季語】


緑さす  若葉  青葉

 


【他の季語を探す】


春の季語

夏の季語

秋の季語

冬の季語

新年の季語

五十音で探す

 

スポンサーリンク