冬の山

 


季 節


 


【分 類】


時候

 


【意味・説明】


小寒とは、一年を24等分したものに季節の名前を付けた二十四節気の一つです。

小寒の日付は毎年 1月5日~6日頃となります。

1/6 ~ 1/19の期間を「小寒」ということもあります。

 


【例 句】


小寒や油いための蓮の味
(小澤碧童)

小寒や枯草に舞ふうすほこり
(長谷川春草)

小寒となりしは名のみあたたかや
(星野立子)

小寒にして大寒とけぢめなし
(百合山羽公)

小寒やまぶしき月が枯木越し
(相馬遷子)

小寒に入るや宵空の月細く
(村山故郷)

置き分けて小寒の菜を洗ひをり
(石川桂郎)

小寒の夜半きらきらと洗車場
(塚本邦雄)

小寒や石段下りて小笹原
(波多野爽波)

小寒の雨に大気のゆるみけり
(稲畑汀子)

 


【関連季語・子季語】


 


【他の季語を探す】


春の季語

夏の季語

秋の季語

冬の季語

新年の季語

五十音で探す

スポンサーリンク