日光を浴びている双葉

 


季 節


 


【分 類】


時候

 


【意味・説明】


小満とは、一年を24等分したものに季節の名前を付けた二十四節気の一つです。

小満の日付は毎年 5月21日頃となります。

5/21 ~ 6/5頃の期間を「小満」ということもあります。

 


【例 句】


小満やみどりさしたる寺の屋根
(森澄雄)

小満の風を青しと遊びけり
(草間時彦)

小満や一升壜に赤まむし
(齊藤美規)

小満や母に八十二歳の日
(平間眞木子)

小満や箭竹篠竹生えしめて
(星野麥丘人)

小満のまるき柱を抱きをり
(柿本多映)

小満の月へ開けおく納屋の窓
(黛執)

小満の身を大いなる樹下に容れ
(池田秀水)

山葵田の小満の水余りけり
(鈴木しげを)

小満のみるみる涙湧く子かな
(山西雅子)

 


【関連季語・子季語】


 

 


【他の季語を探す】


春の季語

夏の季語

秋の季語

冬の季語

新年の季語

五十音で探す

スポンサーリンク