初秋の夕暮れ

 


季 節


 


【分 類】


時候

 


【意味・説明】


処暑とは、一年を24等分したものに季節の名前を付けた二十四節気の一つです。

処暑の日付は毎年 8月23日頃となります。

8/23 ~ 9/7頃の期間を「処暑」ということもあります。

 


【例 句】


処暑の花空もも色にして溢れ
(長谷川かな女)

掌に書く字や処暑の湯に沈み
(長谷川かな女)

覚めて坐す処暑の昼寝の汗もなく
(亀井糸游)

処暑の富士雲脱ぎ最高頂見する
(岸風三楼)

嘘のごと霊山冷えて処暑きのふ
(能村登四郎)

鳰の子のこゑする処暑の淡海かな
(森澄雄)

処暑の日の大いに人を招きたし
(岡井省二)

処暑の僧漢語まじりにいらへけり
(星野麦丘人)

雨の今日処暑と覚えてけだるしや
(宮津昭彦)

母の足さすりてせめて処暑の孝
(辻田克巳)

けふ処暑の釉をくぐりし黄瀬戸碗
(伊藤敬子)

処暑処暑と口火切りたるつくつくし
(高澤良一)

処暑処暑と今朝方の蝉さう鳴くも
(高澤良一)

ばらばらに鳴いてけつかる処暑の蝉
(高澤良一)

電話口孫出てあうむ返しの処暑
(高澤良一)

処暑のそら土器(かわらけ)いろの火星現る
(高澤良一)

海かけて処暑の白雨となりにけり
(鈴木しげを)

暮れてくる玄関にゐて処暑なるや
(金田咲子)

 


【関連季語・子季語】


 

 


【他の季語を探す】


春の季語

夏の季語

秋の季語

冬の季語

新年の季語

五十音で探す

スポンサーリンク