緑色の草の芽

 


季 節


 


【分 類】


時候

 


【意味・説明】


春分とは、一年を24等分したものに季節の名前を付けた二十四節気の一つです。

春分の日付は毎年 3月21日頃となります。

3/21 ~ 4/4頃の期間を「春分」ということもあります。

 


【例 句】


紅梅に中日過し彼岸哉
(正岡子規)

春分を迎ふ花園の終夜燈
(飯田蛇笏)

春分や遠くの農夫藁梳ぐる
(萩原麦草)

雨着透く春分の日の船の旅
(秋元不死男)

春分も棒一本の浅蜊掻
(百合山羽公)

春分の湯にすぐ沈む白タオル
(飯田龍太)

春分のおどけ雀と目覚めたり
(星野麥丘人)

顔泛けるごと春分の京にをり
(岡井省二)

春分や幼が書いて鏡文字
(岡井省二)

春分や手を吸ひにくる鯉の口
(宇佐美魚目)

 


【関連季語・子季語】


 


【他の季語を探す】


春の季語

夏の季語

秋の季語

冬の季語

新年の季語

五十音で探す

スポンサーリンク