桜の花

 


季 節


 


【分 類】


時候

 


【意味・説明】


卯月(うづき)は、旧暦四月の異称です。


Uzuki is an alias of the lunar calendar April.

 


【例 句】


はやり来る羽織みじかき卯月かな
(立花北枝)

日はながし卯月の空もきのふけふ
(加賀千代女)

溜池に蛙闘ふ卯月かな
(夏目漱石)

蚊の居るとつぶやきそめし卯月かな
(高浜虚子)

尼寺や卯月八日の白躑躅
(飯田蛇笏)

この空につづくみちのく卯月晴
(阿部みどり女)

卯月はや筍固くなりにけり
(野村喜舟)

山落ちて野を行く水の卯月かな
(尾崎迷堂)

たそがれの草花売も卯月かな
(富田木歩)

卯月来ぬましろき紙に書くことば
(三橋鷹女)

松影は卯月こよなきしづけさよ
(右城暮石)

仕入れたる茄子の小さき卯月かな
(鈴木真砂女)

くばりあふ卯月八日のよもぎ餅
(長谷川素逝)

歌枕卯月曇に松ななめ
(木村蕪城)

枯山水卯月あかりの木々やさし
(河野南畦)

卯月波白磁のごとく砕けたり
(皆川盤水)

汐入りの汐さす卯月ぐもりかな
(石原八束)

仏さま杖つき来ませ卯月の夜
(村越化石)

卯月野にうち捨てられし手塩皿
(柿本多映)

島近し卯月ぐもりの日は殊に
(稲畑汀子)

 


【関連季語・子季語】


四月

 


【他の季語を探す】


春の季語

夏の季語

秋の季語

冬の季語

新年の季語

五十音で探す

 

スポンサーリンク