桜の蕾

 


季 節


 


【分 類】


時候

 


【意味・説明】


弥生(やよい)は、旧暦三月の異称です。


Yayoi is an alias of the lunar calendar March.

 


【例 句】


大仏の柱くぐるも弥生かな
(高桑闌更)

辻堂に絵馬のふゑたる弥生哉
(正岡子規)

濃かに弥生の雲の流れけり
(夏目漱石)

時は弥生書を売り山を買はんずる
(尾崎紅葉)

臼音も大嶺こたふ弥生かな
(飯田蛇笏)

妻や子に看られて病める弥生かな
(吉武月二郎)

椎ばかり風冴ゆる弥生夕べかな
(富田木歩)

群ら星のあちらこちらの弥生かな
(原石鼎)

友情に悔を残さず弥生尽く
(阿部みどり女)

ネクタイの弥生の色を撰みけり
(野村喜舟)

弥生晴る葛刈り来し大原女
(長谷川かな女)

露の音遠き弥生の種々に
(河野静雲)

針のひく糸の尾ながき弥生かな
(久保田万太郎)

金屏やある日弥生の松の影
(原月舟)

かなしみに溺れて生くる弥生かな
(西島麦南)

弥生なほ年縄のこす武家構
(下村ひろし)

愛は地に満てり弥生の軒すゞめ
(石塚友二)

弥生てふ明治の空のありにけり
(清水基吉)

弥生はや一羽は啼けり親子鶴
(古舘曹人)

師のもとに速達ふえて弥生なり
(小島千架子)

 


【関連季語・子季語】


三月

 


【他の季語を探す】


春の季語

夏の季語

秋の季語

冬の季語

新年の季語

五十音で探す

 

スポンサーリンク