雪解けの中のふきのとう

 


季 節


 


【分 類】


地理

 


【意味・説明】


「雪解」には、「ゆきどけ」と「ゆきげ」の読み方があります。


“雪解” has a reading of “yukidoke” and “yukige”.

 


【例 句】


白雲や雪解の澤へうつる空
(炭太祗)

雪解けて村一ぱいの子ども哉
(小林一茶)

雪解けて雪踏の音の嬉しさよ
(正岡子規)

天日の峰にまぶしく雪解かな
(松瀬青々)

四方の戸のがた~鳴りて雪解風
(高浜虚子)

あかあかと白樺を透く雪解川
(飯田蛇笏)

雪解の峠の茶屋の戸口かな
(原石鼎)

雪解川峠の下を衝きにけり
(野村喜舟)

たうたうと日は澄み雪解滝かかる
(松村蒼石)

雲一つなくてまばゆき雪解かな
(久保田万太郎)

八方に雪解の音や火吹竹
(三橋鷹女)

こゑ出さばたちまち寂し雪解砂洲
(橋本多佳子)

両岸の山も映らず雪解川
(右城暮石)

夕星やおとろへそめし雪解風
(相馬遷子)

天翔けて雪解の富士を遥かな
(皆川白陀)

暮れどきの掌の上に載す雪解山
(岸田稚魚)

雪解けの底鳴り水に落椿
(石原八束)

朝からの雪解雫の翌檜
(村越化石)

墨の香や夜空の中の雪解富士
(宇佐美魚目)

ルカ伝を読む山小屋の雪解かな
(仙田洋子)

 


【関連季語・子季語】


雪解風

 


【他の季語を探す】


春の季語

夏の季語

秋の季語

冬の季語

新年の季語

五十音で探す

 

スポンサーリンク