葉の上の雨蛙

 


季 節


 


【分 類】


動物

 


【意味・説明】


単なる「蛙」は春の季語ですが、「雨蛙」は夏の季語となります。

スポンサーリンク

 


【例 句】


雨蛙いつも地の神うつむきて
(百合山羽公)

雨蛙青梅街道曇りけり
(野村喜舟)

雨蛙が雨呼ぶ梅の青さにて
(細見綾子)

雨蛙樫のそよぎに雲忙し
(飯田蛇笏)

雨蛙聞く花茣蓙に手をついて
(松村蒼石)

雨蛙来て居り挿木根付きしよ
(右城暮石)

雨蛙黒き仏の宙に鳴く
(山口誓子)

雨蛙声高になるもあはれなり
(山口素堂)

雨蛙折檻の子のやはらかき
(石田波郷)

雨蛙透明な円ころがれり
(加藤楸邨)

雨蛙とびて細枝にかかりけり
(飯田蛇笏)

雨蛙鳴いて李の葉はにほふ
(高浜年尾)

雨蛙芭蕉に乗りて戦ぎけり
(宝井其角)

雨蛙葉に乗り柴又の草だんご
(長谷川かな女)

雨蛙人を恃みてうたがはず
(富安風生)

雨蛙西日移りて林檎炎ゆ
(飯田龍太)

雨蛙ねむるもつとも小さき相
(山口青邨)

雨蛙飲まず食はずの顔をして
(右城暮石)

雨蛙みじかき手紙母のために
(石田波郷)

雨蛙明恵坐禅の宙に鳴く
(右城暮石)

 


【関連季語・子季語】


青蛙  枝蛙

 


【他の季語を探す】


春の季語

夏の季語

秋の季語

冬の季語

新年の季語

五十音で探す

 

スポンサーリンク