繁った青葉と日の光

 


季 節


 


【分 類】


天文

 


【意味・説明】


青嵐とは、初夏の青葉が繁っている頃に吹く大風のことをいいます。

スポンサーリンク

 


【例 句】


青嵐去来や来ると門に立つ
(正岡子規)

青嵐定まる時や苗の色
(服部嵐雪)

青嵐住みなすといふ日数かな
(中村汀女)

青嵐去来や来ると門に立つ
(正岡子規)

青あらし天守に登る草履あり
(前田普羅)

青嵐電車の音と家に来る
(山口誓子)

青嵐柱に背をもたせたる
(高浜虚子)

青あらし吹き抜け思ひくつがへる
(加藤楸邨)

青嵐もつとも朴を吹き白め
(富安風生)

青嵐森の向ふの干衣とぶ
(阿部みどり女)

行灯を虫の巡るや青あらし
(小林一茶)

一切の混沌青嵐矢つぎばや
(橋本多佳子)

後手にむすぶ角帯青嵐
(松村蒼石)

うづくまる関所の前や青嵐
(寺田寅彦)

おごそかに離宮閉ちたり青嵐
(尾崎紅葉)

おとなしく大飯くらへ青あらし
(会津八一)

大原女はすつすつとゆく青嵐(臼田亜浪)

傾きてヨツトは進む青嵐
(野村泊月)

川瀬ゆるく波をおくるや青嵐
(飯田蛇笏)

来て見れば軒はふ薔薇に青嵐
(芥川龍之介)

 


【関連季語・子季語】


青東風

 


【他の季語を探す】


春の季語

夏の季語

秋の季語

冬の季語

新年の季語

五十音で探す

 

スポンサーリンク