南天の赤い実に積もった雪

 


季 節


 


【分 類】


時候

 


【意味・説明】


大寒とは、一年を24等分したものに季節の名前を付けた二十四節気の一つです。

大寒の日付は毎年 1月20日頃となります。

1/20 ~ 2/3頃の期間を「小寒」ということもあります。

 


【例 句】


大寒と云顔もあり雛たち
(小林一茶)

大寒と敵のごとく対ひたり
(富安風生)

大寒や美事な雨をちりばめて
(原石鼎)

人恋しき大寒の夜を訪はれけり
(長谷川かな女)

大寒の星に雪吊り光りけり
(久保田万太郎)

大寒や転びて諸手つく悲しさ
(西東三鬼)

大寒やしづかにけむる茶碗蒸
(日野草城)

一輪にして大寒の椿朽つ
(皆吉爽雨)

大寒に入る日毎年初大師
(星野立子)

大寒をただおろおろと母すごす
(大野林火)

ふるさとの大寒の水甘かりき
(鈴木真砂女)

大寒ときくや時計のネヂ巻きつゝ
(細見綾子)

大寒の星みな高くかたまれる
(岸風三楼)

大寒の鏡影のみよぎりたり
(桂信子)

大寒の鵙舌打つてかなします
(岸田稚魚)

 


【関連季語・子季語】


 

 


【他の季語を探す】


春の季語

夏の季語

秋の季語

冬の季語

新年の季語

五十音で探す

スポンサーリンク