葉から滴り落ちる雨のしずく

 


季 節


 


【分 類】


時候

 


【意味・説明】


夏至とは、一年を24等分したものに季節の名前を付けた二十四節気の一つです。

夏至の日付は毎年 6月21日頃となります。

6/21 ~ 7/6頃の期間を「夏至」ということもあります。

 


【例 句】


夏至過ぎて吾に寝ぬ夜の長くなる
(正岡子規)

夏至今日と思ひつつ書を閉ぢにけり
(高浜虚子)

心澄めば怒濤ぞきこゆ夏至の雨
(臼田亞浪)

夏至の雨娘ひとり舟をただよはす
(飯田蛇笏)

ハープひく漁港の船の夏至白夜
(飯田蛇笏)

枝を伐る夏至の日深く響きたり
(阿部みどり女)

女声合唱夏至の草花咲かせけり
(長谷川かな女)

夏至の日のアイヌのものの石柱
(高野素十)

夏至の日の団扇立なる奈良団扇
(後藤夜半)

冬至にも見ざりし夏至の暗さなり
(相生垣瓜人)

この萩や雑草園の夏至を告ぐ
(阿波野青畝)

つくづくとひとりの我が歩夏至歩く
(右城暮石)

空にふと蛾を追ふ雀夏至夕ベ
(皆吉爽雨)

桐大葉重なり重なり夏至到る
(村山故郷)

あらくさの香立ちてありし夏至のころ
(岸田稚魚)

夏至の日の入るにもあらず厚曇
(佐藤鬼房)

ぼんやりと夏至を過せり脹脛
(佐藤鬼房)

散髪の夏至や途方もなき浪費
(塚本邦雄)

墨の香や鳩をのせゐる夏至の棟
(宇佐美魚目)

夏至の日を草木となりて山の人
(宇佐見魚目)

 


【関連季語・子季語】


 

 


【他の季語を探す】


春の季語

夏の季語

秋の季語

冬の季語

新年の季語

五十音で探す

スポンサーリンク