青々と茂った葉の間から射し込む日の光


季 節


 


【分 類】


時候

 


【意味・説明】


五月を「ごがつ」と読んで、新暦の季語とします。

旧暦の場合は、「皐月(さつき)」あるいは「五月(さつき)」となります。

スポンサーリンク

 


【例 句】


うす~と窓に日のさす五月かな
(正岡子規)

えにしだの黄にむせびたる五月かな
(久保田万太郎)

乙女合唱絶えずきららに五月の日
(中村草田男)

月山や辛夷五月の雪に咲く
(阿部みどり女)

髪洗ふ五月の風の井のほとり
(及川貞)

五月来ぬ心ひらけし五月来ぬ
(星野立子)

五月空真白くのぞき木曽の駒嶽
(橋本多佳子)

五月の日眩しとなみだ溢るるか
(西島麦南)

五月果つ夜明の雨を別れとは
(皆川白陀)

五月微風ミルクの膜の舌ざはり
(秋元不死男)

五月佳し水仕すゝんでつかさどる
(篠田悌二郎)

ことごとく石に苔もつ五月哉
(正岡子規)

子の髪の風に流るる五月来ぬ
(大野林火)

坂の上たそがれながき五月憂し
(石田波郷)

さやさやと夜も水ひかる五月かな
(上村占魚)

大学の草に坐りて五月かな
(山口青邨)

筍の根の紫の五月かな
(野村喜舟)

突つぱつて走る山水五月来ぬ
(鈴木真砂女)

夏草に五月の雉子のたまごかな
(飯田蛇笏)

南国の五月はたのし花朱欒
(杉田久女)

 


【関連季語・子季語】


 

 


【他の季語を探す】


春の季語

夏の季語

秋の季語

冬の季語

新年の季語

五十音で探す

 

スポンサーリンク