茶畑

 


季 節


 


【分 類】


時候

 


【意味・説明】


八十八夜は雑節の一つで、立春から数えて八十八日目です。

スポンサーリンク

 


【例 句】


音立てて八十八夜の山の水
(桂信子)

風の穴壁に八十八夜また
(古舘曹人)

磧湯の八十八夜星くらし
(水原秋櫻子)

きらきらと八十八夜の雨墓に
(石田波郷)

楠の冷八十八夜足袋をはく
(森澄雄)

月下なるものに八十八夜かな
(岸田稚魚)

昨夜月夜八十八夜曇りけり
(篠田悌二郎)

鮭の子の下る八十八夜とか
(高野素十)

萎れ苗いただく八十八夜かな
(永田耕衣)

しら藤の見ゆる八十八夜かな
(松瀬青々)

霜害を恐れ八十八夜待つ
(高浜虚子)

旅にて今日八十八夜と言はれけり
(及川貞)

鳴りひそむ月の八十八夜汐
(下村ひろし)

八十八夜老耄旅をこころざす
(松村蒼石)

八十八夜古茶の湯加減ていねいに
(及川貞)

八十八夜種井の用もなくなりぬ
(皆川白陀)

八十八夜ひとつ水縫ふ金の蛭
(百合山羽公)

もの種や八十八夜はまだ遠し
(高野素十)

山の風うまし八十八夜過ぐ
(皆川白陀)

夜露の蓬搗いて八十八夜かな
(阿部みどり女)

 


【関連季語・子季語】


 

 


【他の季語を探す】


春の季語

夏の季語

秋の季語

冬の季語

新年の季語

五十音で探す

 

スポンサーリンク