初夏の青空と太陽

 


季 節


 


【分 類】


時候

 


【意味・説明】


薄暑とは、夏になって少し暑さを感じる頃を表現する季語です。

スポンサーリンク

 


【例 句】


あぶらとり一枚もらふ薄暑かな
(日野草城)

海女達の貝に終始の島薄暑
(阿部みどり女)

急ぎきて薄暑を感じゐたりけり
(稲畑汀子)

一枚に海を展べたる薄暑かな
(森澄雄)

帯解けば疲れなだるる夕薄暑
(古賀まり子)

髪刈ればとみに薄暑の旅ちかき
(皆吉爽雨)

官邸の薄暑をいづる花売女
(飯田蛇笏)

きいちごを蟻ねぶりゐる薄暑かな
(三橋鷹女)

個展いで薄暑たのしき街ゆくも
(水原秋桜子)

この街のたそがれながき薄暑かな
(久保田万太郎)

嵯峨豆腐買ふ客ならび薄暑かな
(村山古郷)

山頂に童児走れば薄暑光
(飯田龍太)

汐引けば岩々荒るゝ薄暑かな
(鈴木真砂女)

シーソーの尻がうつ地の薄暑かな
(波多野爽波)

しろき蝶野路にふかるゝ薄暑哉
(松瀬青々)

真鍮の手すりは船の薄暑かな
(久米正雄)

タクシーの終始不愛想薄暑かな
(中村汀女)

笋の皮の流るる薄暑かな
(芥川龍之介)

旅に過ぐ薄暑の漆器町匂ふ
(皆吉爽雨)

乳呑児の香が掌にのこる薄暑かな
(阿部みどり女)

どくだみの香にたつ土の薄暑かな
(西島麦南)

薄暑来ぬ人美しく装へば
(星野立子)

薄暑はや日蔭うれしき屋形船
(高浜虚子)

花摘みて滝径たどる薄暑かな
(西島麦南)

花鉢を屋形も吊りて薄暑かな
(飯田蛇笏)

 


【関連季語・子季語】


暑さ

 


【他の季語を探す】


春の季語

夏の季語

秋の季語

冬の季語

新年の季語

五十音で探す

 

スポンサーリンク