花祭りの花御堂

 


季 節


 


【分 類】


人事

 


【意味・説明】


花祭りは、釈迦の誕生を祝う仏教の行事で、毎年4月8日に行われます。

花祭りは、灌仏会(かんぶつえ)、仏生会(ぶっしょうえ)、浴仏会(よくぶつえ)などとも呼ばれます。


Hanamatsuri is a Buddhist event to celebrate the birth of Buddha, is performed on April 8 every year.

Hanamatsuri is also called the Kambutsue, Busshoe, Yokubutsue, etc.

スポンサーリンク

 


【例 句】


わらべらに天かがやきて花祭
(飯田蛇笏)

花祭みづ山の塔聳えたり
(飯田蛇笏)

十字路の花祭こそ王府の地
(飯田蛇笏)

松蝉の声の嗄れたる花祭
(吉武月二郎)

花祭いつか日傘を忘れし寺
(阿部みどり女)

婆々の髪お花祭の花かざし
(河野静雲)

花祭の白象生死無限にして
(長谷川かな女)

花祭始まるとかや町の寺
(山口青邨)

街の天かもめまぶしく花祭
(石原舟月)

陸橋の没日巨きな花祭
(石原舟月)

片や蓋片や蓋除とり花祭
(永田耕衣)

おしろひの剥げたる稚児も花まつり
(百合山羽公)

張りぼての象のかるさも花まつり
(平畑静塔)

花祭後れじと蹤く風の稚子
(石塚友二)

みづうみに入る瀬を越えて花まつり
(飯田龍太)

花まつり母の背ぬくし風甘し
(楠本憲吉)

花祭薄く削がれて女の咳
(楠本憲吉)

花まつり母と相合傘さして
(成瀬桜桃子)

鳶は舞ひ鴉は流れ花まつり
(大峯あきら)

花祭果てゝまた村口の古き樫
(友岡子郷)

 


【関連季語・子季語】


 

 


【他の季語を探す】


春の季語

夏の季語

秋の季語

冬の季語

新年の季語

五十音で探す

 

スポンサーリンク