白い桜の花

 


季 節


 


【分 類】


人事

 


【意味・説明】


俳句において「花」といえば桜のことであり、「花見」といえば桜の花を見ることを意味します。


In Haiku,”hana” is a cherry blossom, and “hanami” means seeing cherry blossoms.

スポンサーリンク

 


【例 句】


景清も花見の座には七兵衛
(松尾芭蕉)

うかうかと来ては花見の留守居かな
(内藤丈草)

ことしまた花見の顔を合せけり
(黒柳召波)

かしこくも花見に来たり翌は雨
(高井几董)

年寄の腰や花見の迷子札
(小林一茶)

釵は花見戻りの女哉
(正岡子規)

老いそめて花見るこころひろやかに
(飯田蛇笏)

世を怒る心花見に出でにけり
(野村喜舟)

花見にも行かずもの憂き結び髪
(杉田久女)

みな袖を胸にかさねし花見かな
(中村草田男)

花見とは地に筵敷き酒に酔ひ
(星野立子)

花見舟とほき巷の風が見ゆ
(大野林火)

花見する歩みゆくほど遠くなる
(平畑静塔)

花見酒過ごし悔ゆるも二三日
(石塚友二)

売る菓子の乾く花見の裏通り
(桂信子)

出先まで花見弁当とどけられ
(上村占魚)

天守まで聞こゆ農夫の花見唄
(草間時彦)

天才に少し離れて花見かな
(柿本多映)

主義主張異なつてよき花見かな
(宇多喜代子)

お花見のおあづけとなる朝の雨
(高澤良一)

 


【関連季語・子季語】


桜狩

 


【他の季語を探す】


春の季語

夏の季語

秋の季語

冬の季語

新年の季語

五十音で探す

 

スポンサーリンク