半夏生の葉


季 節


 


【分 類】


時候

 


【意味・説明】


半夏生は雑節の一つです、新暦の七月二日頃に当たります。

スポンサーリンク

 


【例 句】


朝の虹消えて一ト雨半夏生
(酒井黙禅)

一籌を諭すことありぬ半夏生
(星野麥丘人)

一服の旅発ちの茶や半夏生
(佐藤愛子)

いつまでも明るき野山半夏生
(草間時彦)

火山灰濡らす雨すぎてゆく半夏生
(萩原麦草)

嫌はれてかよふ度胸の半夏生
(筑紫磐井)

塩入れて湯の立ち上がる半夏生
(正木ゆう子)

棕梠よりも梧桐に風や半夏生
(三橋鷹女)

少女らのジーパンの毳半夏生
(高澤良一)

天突いて竹の子枯るゝ半夏生
(萩原麦草)

半夏生鰻食べたくなりにけり
(鈴木真砂女)

半夏生小松菜の根を切り落し
(鈴木真砂女)

半夏生眠りつすぎし沖のいろ
(飯田龍太)

半夏生葉を白く染め梅雨あがる
(山口青邨)

半夏生ピザの具手を替え品を替え
(高澤良一)

半夏生ひと忌む性に悔のあり
(及川貞)

日々待たれゐて癒えざりき半夏生
(村越化石)

病室に降る煤のあり半夏生
(石田波郷)

含み吐く旅籠の水や半夏生
(長谷川かな女)

平凡な雨の一日半夏生
(宇多喜代子)

 


【関連季語・子季語】


半夏  半夏雨

 


【他の季語を探す】


春の季語

夏の季語

秋の季語

冬の季語

新年の季語

五十音で探す

 

スポンサーリンク