ピンク色の梅の花

 


季 節


 


【分 類】


時候

 


【意味・説明】


「春浅し」は、春になったものの、まだ完全には春がととのっていない感じを表現する季語です。


“Haruasashi” is a season word that expresses the feeling that although it has come to spring, spring has not yet completely reached.

 


【例 句】


何も書かぬ赤短冊や春浅し
(正岡子規)

そそのかす女の眉や春浅し
(夏目漱石)

春浅き水を渡るや鷺一つ
(河東碧梧桐)

木より木にかよへる風の春浅き
(臼田亜浪)

それ以来誰にも逢はず春浅し
(鈴木花蓑)

春あさき人の会釈や山畑
(飯田蛇笏)

ふとふれし鬢のかをりや春浅し
(中勘助)

苔青く総立つ百合や春浅し
(長谷川かな女)

春浅し水のほとりの常夜燈
(久保田万太郎)

わが作る小松菜畑春浅く
(山口青邨)

春あさき鏡前にとく喪髪かな
(西島麦南)

春浅く心のどことなく浅く
(高浜年尾)

子は旅に春浅き富士晴れたりや
(日野草城)

春浅し百済観音の膝下まで
(細見綾子)

春浅しさゆらぎもなき松百本
(村山故郷)

浅春や物言ふて足早めをり
(岸田稚魚)

春浅き谷の窪みの水鏡
(佐藤鬼房)

春浅き鞍馬街道貴船かな
(草間時彦)

春浅し寺の奥より川みえて
(井上雪)

春浅く神曲ひらく朝のうち
(平井照敏)

 


【関連季語・子季語】


浅き春

 


【他の季語を探す】


春の季語

夏の季語

秋の季語

冬の季語

新年の季語

五十音で探す

 

スポンサーリンク