吹き流し

 


季 節


 


【分 類】


天文

 


【意味・説明】


春一番は、立春以後に初めて吹く、南からの強い風のことです。


Haruichiban is the strong wind from the south which blows for the first time after risshun.

 


【例 句】


凶暴の春一番を人ゆるす
(山口青邨)

春一番武蔵野の池波あげて
(水原秋桜子)

ふるさとの春一番を知らざりし
(右城暮石)

およぎ見ゆ春一番の野の欅
(皆吉爽雨)

雀らも春一番にのりて迅し
(皆吉爽雨)

春一番角を踏ん張る栄螺殻
(百合山羽公)

湯豆腐の葱やや固き春一番
(鈴木真砂女)

春一番やみて野に落つ月黄なり
(亀井糸游)

春一番心の隅に火を点ず
(相馬遷子)

春一番煎薬の火を細めたり
(石川桂郎)

春一番うめきもだゆる波の面
(壇一雄)

呼ぶ声も吹き散る島の春一番
(中村苑子)

ひとところ水の凹みや春一番
(桂信子)

揺れ熄まぬ春一番の椿山
(石田あき子)

胸ぐらに母受けとむる春一番
(岸田稚魚)

春一番見かけ倒しも藝のうち
(佐藤鬼房)

死ぬがよいそれがいたはり春一番
(鳥居おさむ)

更ラ舟に春一番の砂すこし
(岡本眸)

春一番顔あげて濤押し戻す
(原裕)

かうしてはおられぬ性分春一番
(高澤良一)

 


【関連季語・子季語】


 

 


【他の季語を探す】


春の季語

夏の季語

秋の季語

冬の季語

新年の季語

五十音で探す

 

スポンサーリンク