白い桜の花

 


季 節


 


【分 類】


時候

 


【意味・説明】


「春めく」は、春らしくなること、いかにも春の様子になることを表現する季語です。


“Harumeku” is a season word expressing that it will be springlike, and it is really a state of spring.

 


【例 句】


春めくや人さまざまの伊勢参り
(山本荷兮)

雪車立てて少し春めく垣根かな
(小林一茶)

庭荒れて鳶の声など春めかす
(正岡子規)

春めきし山河消え去る夕かげり
(高浜虚子)

水の影春めく障子あけにけり
(野村泊月)

春めきてものの果てなる空の色
(飯田蛇笏)

春めくといふ言の葉をくりかへし
(阿部みどり女)

鮒売や春めく笊を打重ね
(野村喜舟)

まじりするおはじき下手で春めく夜
(長谷川かな女)

大枝を卸すといふは春めきて
(後藤夜半)

春めくといへば暮色も春めきて
(相生垣瓜人)

春めくや抱く子の素足やはらかき
(及川貞)

春めくや襟巻もせぬ小買物
(高浜年尾)

女より男春めき歩きをり
(星野立子)

春めくと片目つぶりに剥製師
(佐藤鬼房)

春めく夜高声のひとを湯にのこす
(村越化石)

春めくや先づ研ぎに出す花鋏
(古賀まり子)

風さへも春めくものとなりにけり
(稲畑汀子)

クロッカス一輪春めく日も一輪
(高澤良一)

春めきて写楽の描きし男かな
(皆吉司)

 


【関連季語・子季語】


 


【他の季語を探す】


春の季語

夏の季語

秋の季語

冬の季語

新年の季語

五十音で探す

 

スポンサーリンク