月と夜桜

 


季 節


 


【分 類】


天文

 


【意味・説明】


「春月」として詠まれることも多い季語です。


It is a season word often used as “shungetsu”.

 


【例 句】


春の月さはらば雫たりぬべし
(小林一茶)

人だかりした跡ぬくし春の月
(桜井梅室)

春の月返すに早き波もなし
(井上井月)

婚礼の乗物多し春の月
(正岡子規)

風出でて傾きそめぬ春の月
(前田普羅)

もの忘れせし手つめたく春の月
(松村蒼石)

大いなる春の月あり山の肩
(杉田久女)

春の月馬酔木の花を照らしけり
(山口青邨)

春の月淡々しくも満ちをれり
(相生垣瓜人)

会ふ人ももとよりあらね春の月
(中村汀女)

春の月くもりて冴えて更けにけり
(日野草城)

春の月薄雲に入り雲を染む
(柴田白葉女)

蛤を買うて重たや春の月
(松本たかし)

みやらびの歯の波いまは春の月
(細見綾子)

山脈の空みどりなす春の月
(相馬遷子)

もつこりと森は盛られて春の月
(林翔)

菜畑の風にうるめり春の月
(上村占魚)

伊賀よりも甲賀は寒し春の月
(大峯あきら)

屋根屋根に乳の香流れ春の月
(原裕)

百年は生きよみどりご春の月
(仙田洋子)

 


【関連季語・子季語】


春月

 


【他の季語を探す】


春の季語

夏の季語

秋の季語

冬の季語

新年の季語

五十音で探す

 

スポンサーリンク