新緑と日の光と青空


季 節


 


【分 類】


時候

 


【意味・説明】


初夏は、旧暦の卯月の頃の時候をいいます。

スポンサーリンク

 


【例 句】


初夏のうしろ姿に象つかい
(宇多喜代子)

初夏のおからつついて日が過ぎる
(坪内稔典)

初夏の厨涼しき蕗の風
(中勘助)

初夏のさし入れべんとうのそら豆
(橋本夢道)

はつなつの砂場のままごと遊びかな
(高澤良一)

初夏の星座だ蜜柑の花がにほつて
(北原白秋)

初夏の乳房の筋の青さかな
(野村喜舟)

初夏の瞳海を飛ぶ蝶一つ
(原石鼎)

初夏の氷河くづれて神目覚む
(仙田洋子)

初夏の松風に棲む灯かな
(吉武月二郎)

初夏の山立ちめぐり四方に風
(水原秋桜子)

初夏や腕に時計のない日曜
(菖蒲あや)

初夏やかくやにかける摺り生姜
(野村喜舟)

初夏や清らに剥ける茹玉子
(野村喜舟)

初夏や木がくれにきく鍬の音
(西山泊雲)

初夏や蝶に眼やれば近き山
(原石鼎)

初夏や水の乗り来る磧にて
(尾崎迷堂)

初夏や夕月に添ふ星一つ
(小沢碧童)

はつなつを明け放たれて俳諧寺
(山田みづえ)

みくるまに初夏の皇子睡し給ふ
(飯田蛇笏)

 


【関連季語・子季語】


夏初め  首夏

 


【他の季語を探す】


春の季語

夏の季語

秋の季語

冬の季語

新年の季語

五十音で探す

 

スポンサーリンク