石畳の上の雹

 


季 節


 


【分 類】


天文

 


【意味・説明】


雹(ひょう)は、雲から降ってくる氷粒のことです。

雹が降ることを「降雹(こうひょう)」といいます。

雹は夏に発生することが多く、粒の小さいものは「霰(あられ)」と呼ばれます。


Hail is the ice grain that comes down from the clouds.

It is called “kohyo(hailstorm)” that hail comes down.

Hail often occurs in summer, and something small of a grain is called “arare(hail)”.

 


【例 句】


暁の雹をさそふやほとゝぎす
(宝井其角)

雹晴れて豁然とある山河かな
(村上鬼城)

山百合に雹を降らすは天狗かな
(渡辺水巴)

烈日やころげし雹に草の影
(原石鼎)

雹にうたれ白さも白し大桜
(長谷川かな女)

二つ三つとびたる雹や秋夕立
(高野素十)

日輪にさわりなき雹止みにけり
(萩原麦草)

紫陽花にたばしる雹や雨の中
(西島麦南)

天よりの大粒の雹宝珠型
(山口誓子)

常住の世の昏みけり雹が降る
(中村草田男)

 


【関連季語・子季語】


 

 


【他の季語を探す】


春の季語

夏の季語

秋の季語

冬の季語

新年の季語

五十音で探す

 

スポンサーリンク