沈丁花の花

 


季 節


 


【分 類】


植物

 


【意味・説明】


沈丁花は、ジンチョウゲ科の常緑低木です。

この花は、室町時代には栽培されていたといわれています。


Jinchoge is an evergreen shrub of the Thymelaeaceae.

It is said that this tree was already grown in the Muromachi period.

 


【例 句】


古庭の古き匂ひや沈丁花
(正岡子規)

沈丁の香の石階に佇みぬ
(高浜虚子)

沈丁の下枝影して日闌けたり
(鈴木花蓑)

沈丁に雨だれしげくなりにけり
(野村泊月)

沈丁に来る日来る日も風が吹く
(阿部みどり女)

沈丁や百夜通ひに匂ひける
(野村喜舟)

沈丁の香にこの頃の月のよき
(高橋淡路女)

沈丁の香を雨洗ふはげしさよ
(山口青邨)

沈丁の葉ごもる花も濡れし雨
(水原秋桜子)

ある日ふと沈丁の香の庭となる
(今井つる女)

古書の香に劣る沈丁にほひそむ
(相生垣瓜人)

沈丁の一夜雪降りかつにほふ
(篠田悌二郎)

沈丁やにびいろに潮満つる音
(栗林千津)

妻植ゑし沈丁の香のいまもあり
(森澄雄)

沈丁や瞳つめたき夜の鏡
(鷲谷七菜子)

肌冷えて沈丁の香も嫌になりぬ
(山田みづえ)

沈丁の花固まりて匂ひけり
(高田風人子)

一片を解き沈丁の香となりぬ
(稲畑汀子)

沈丁のくちひらきゆく月夜にて
(金田咲子)

沈丁も古今伝授のごと香れ
(櫂未知子)

 


【関連季語・子季語】


 

 


【他の季語を探す】


春の季語

夏の季語

秋の季語

冬の季語

新年の季語

五十音で探す

 

スポンサーリンク