秋の空

 


季 節


 


【分 類】


時候

 


【意味・説明】


寒露とは、一年を24等分したものに季節の名前を付けた二十四節気の一つです。

寒露の日付は毎年 10月8日頃となります。

10/8 ~ 10/22 頃の期間を「寒露」ということもあります。

 


【例 句】


茶の木咲きいしぶみ古ぶ寒露かな
(飯田蛇笏)

棚の蔓たぐり下げたる寒露の朝
(長谷川かな女)

月濡れの甍重なる寒露かな
(平田君代)

水底を水の流るる寒露かな
(草間時彦)

つんつんとせいごののぼる寒露かな
(石田勝彦)

夫が巴里への寒露の機なり足掛くる
(小池文子)

口あけて鴉息吸ふ寒露かな
(井沢正江)

竹林の空に鳶舞ふ寒露の日
(有泉七種)

道傍の竹伐られたる寒露かな
(星野麥丘人)

伊勢の海に鳶あそびをる寒露かな
(宇佐美魚目)

汲み置きの水平らかに寒露の日
(角川照子)

実むらさき色を深めし寒露かな
(池田秀水)

自然薯の切口白き寒露かな
(池田秀水)

目に見えぬ塵を掃きたる寒露かな
(手塚美佐)

 


【関連季語・子季語】


 

 


【他の季語を探す】


春の季語

夏の季語

秋の季語

冬の季語

新年の季語

五十音で探す

スポンサーリンク