冬の赤城山

空 風

 

【この一句】 小わつぱのちさき争ひ空つ風

昭和から平成前期にかけての俳人・上村占魚(うえむらせんぎょ)の作品。

強い風の中で遊ぶ子供たちの姿が目に浮かぶような句。

 

スポンサーリンク

 

 

以下、季語「空風」の解説です。

 


【表 記】


(漢字) 空風

(ひらがな) からかぜ

(ローマ字) karakaze

 


季 節


 


【分 類】


天文

 


【意味・説明】


空風とは、冬の空気が乾燥している頃の、強く吹き荒れる強風のことです。


Karakaze is the strong wind that blows strongly when the winter air is dry.

スポンサーリンク

 


【例 句】


産土の砂が砂擦る空つ風
(三橋敏雄)

大き湖据う遠州の空つ風
(大野林火)

牡蠣殻の山空風と馴れ合ふよ
(百合山羽公)

彼の茶屋にラムネ飲みしが空つ風
(永田耕衣)

小わつぱのちさき争ひ空つ風
(上村占魚)

空風が耳をちぎりに来りけり
(相生垣瓜人)

空風にかなしき胼のきれにけり
(阿部みどり女)

空風に乾びてゐたり氷下魚売
(金箱戈止夫)

空風にガサツな歩き方通す
(高澤良一)

空風に逆らふ睫毛もてあます
(長谷川かな女)

空風に場所を置き去る靴磨
(百合山羽公)

空風は青空の日を支へたる
(阿部みどり女)

空風や湾口に泛く荷物船
(飯田蛇笏)

空風を繰り出して山何もなし
(百合山羽公)

空つ風どんと吾が家を衝きにけり
(高澤良一)

空つ風の強き日餅の焼きざまし
(橋閒石)

空つ風埃吹き上げ慈善鍋
(高野素十)

空つ風忘れて過ぎし菊屋橋
(石川桂郎)

枯桑に咋日も今日も空つ風
(高浜年尾)

胸中に抱く珠あり空つ風
(富安風生)

柴小屋に空風わたるくき菜哉
(三宅嘯山)

上州の空つ風さへなく晴れて
(稲畑汀子)

白みゆく空風もなく海は堪へたり
(種田山頭火)

聖日の兵ら艀に空つ風
(飯田蛇笏)

人間の嘘生きはしる空つ風
(能村登四郎)

飛花たかく瑠璃空風は濁りけり
(西島麦南)

鯔網に冬ふかみつつ空つ風
(飯田蛇笏)

三叉の花に落ちくる空つ風
(山口青邨)

目に耳に又空風が余るなり
(相生垣瓜人)

路鋲ふむ靴のあらたに空つ風
(飯田蛇笏)

わが伏屋吹つとばさんず空つ風
(富安風生)

 


【関連季語・子季語】


からっ風

 


【他の季語を探す】


春の季語

夏の季語

秋の季語

冬の季語

新年の季語

五十音で探す

 

スポンサーリンク