風に揺れる草花

 


季 節


 


【分 類】


天文

 


【意味・説明】


「風光る」は、春の日射しの中を吹く風が光っているような感じを表現する季語です。


“Kazehikaru” is a season word expressing the feeling that the wind blowing in the spring sunshine is shining.

 


【例 句】


海原や夜に入りてから風光る
(正岡子規)

朝凪の浪立つて風光る頃
(河東碧梧桐)

装束をつけて端居や風光る
(高浜虚子)

覇王樹の影我が影や風光る
(飯田蛇笏)

風光る誰彼となく水辺かな
(中村汀女)

風光る観音詣繰り返し
(高浜年尾)

地玉子の殻のたしかさ風光る
(鈴木真砂女)

風光る椎樫の空恍惚と
(石塚友二)

わが建てしわが墓碑銘に風光る
(亀井糸游)

木々の芽に先立ちて風光りけり
(相馬遷子)

風光り折目正しき工衣過ぐ
(林翔)

風光る海峡のわが若き鳶
(佐藤鬼房)

菜の花の風まぶしくて畦蛙
(森澄雄)

海鳥と見しは刳舟よ風光る
(上村占魚)

風光る心の中にもある遠景
(楠本憲吉)

風光り泥のひかりの大きな手
(成田千空)

風光る歩いて考えねばならぬ
(原裕)

風光るとき海遥か山かすか
(稲畑汀子)

風光り石の流るる音すなり
(落合水尾)

風光る大人のための九十九里
(櫂未知子)

 


【関連季語・子季語】


光風

 


【他の季語を探す】


春の季語

夏の季語

秋の季語

冬の季語

新年の季語

五十音で探す

 

スポンサーリンク