輝くような青葉

 


季 節


 


【分 類】


天文

 


【意味・説明】


「風薫る」は、夏の初めに吹く爽やかな風を表現する季語です。

スポンサーリンク

 


【例 句】


家々の絃歌の中や風薫る
(佐藤春夫)

疑ふな神の真榊風薫る
(杉田久女)

恐山風薫るとは言ひがたし
(鈴木真砂女)

先生はふるさとの山風薫る
(日野草城)

その人の足あとふめば風かをる
(正岡子規)

風薫る鹿島の杉は剣なす
(川端茅舎)

風薫る汐の皷や追手川
(志太野坡)

風薫る袖や社参の那須七騎
(内藤鳴雪)

風薫る苫の尾空に吹立ちて
(幸田露伴)

風薫る羽織の襟もつくろはず
(松尾芭蕉)

神として来ませ母校は風薫る
(及川貞)

萱の堂萱の回廊風薫る
(阿波野青畝)

川底は一枚岩や風薫る
(内田百間)

生涯に風薫る日の幾日ぞ
(高浜年尾)

太液や欄によれば風薫る
(寺田寅彦)

楽しさの生まれゆく風薫るとき
(稲畑汀子)

旦夕に見てあかぬ海よ風薫る
(村山故郷)

風薫る袖や社参の那須七騎
(内藤鳴雪)

花鉢に水ねもごろや風薫る
(日野草城)

花びらに風薫りては散らんとす
(夏目漱石)

 


【関連季語・子季語】


薫風

 


【他の季語を探す】


春の季語

夏の季語

秋の季語

冬の季語

新年の季語

五十音で探す

 

スポンサーリンク