開き始めた桃の花と青空

 


季 節


 


【分 類】


時候

 


【意味・説明】


啓蟄とは、一年を24等分したものに季節の名前を付けた二十四節気の一つです。

啓蟄の日付は毎年 3月6日頃となります。

3/6 ~ 3/20頃の期間を「啓蟄」ということもあります。

 


【例 句】


啓蟄や日はふりそそぐ矢の如く
(高浜虚子)

啓蟄の虫のおどろく縁の上
(臼田亞浪)

啓蟄のいとし兒ひとりよちよちと
(飯田蛇笏)

啓蟄のもろもろの中に老われも
(富安風生)

啓蟄の高々鳥の鳴き過ぎし
(阿部みどり女)

啓蟄の仏像すこしづついざる
(松村蒼石)

啓蟄のわが門や誰が靴のあと
(高橋淡路女)

啓蟄の芝生は汚れたる感じ
(後藤夜半)

地虫出て金輪際をわすれけり
(阿波野青畝)

啓蟄や如露でぬらす庭の石
(及川貞)

啓蟄の蟻と廚に午笛かな
(中村汀女)

啓蟄の一人が転けたではないか
(永田耕衣)

啓蟄の拙なき歩みはじめけり
(高浜年尾)

啓蟄の甕には金魚明りゆれ
(皆吉爽雨)

啓蟄の虻はや花粉まみれかな
(星野立子)

啓蟄にガラス袋の金魚来る
(百合山羽公)

啓蟄の大地月下となりしかな
(大野林火)

啓蟄やたまたまひかる屋根の端
(加藤楸邨)

啓蟄の土踏み何かつとめたし
(木村蕪城)

啓蟄の土かき消して雨となる
(波多野爽波)

 


【関連季語・子季語】


 


【他の季語を探す】


春の季語

夏の季語

秋の季語

冬の季語

新年の季語

五十音で探す

スポンサーリンク