ピンク色の梅の花と青空

 


季 節


 


【分 類】


天文

 


【意味・説明】


東風は、春先に東の方向から吹く風のことです。


Kochi is the wind blowing from the east direction in early spring.

 


【例 句】


あち東風や面々さばき柳髪
(松尾芭蕉)

川の香のほのかに東風の渡りけり
(炭太祇)

亀の甲並べて東風に吹れけり
(小林一茶)

東風吹いて一夜に氷なかりけり
(河東碧梧桐)

夜をこめて東風波ひゞく枕かな
(飯田蛇笏)

夕東風に舟傾きて進みけり
(阿部みどり女)

東風鳴るや松子拾ひはいつ去りし
(高田蝶衣)

東風吹くや閣をとりまく松の音
(野村喜舟)

笹垣を結ひては刈るや東風の中
(尾崎迷堂)

手の地図をたたみかねつつ東風の景
(阿波野青畝)

東風さむく海女が去りゆく息の笛
(橋本多佳子)

われもまた人にすなほに東風の風
(中村汀女)

強東風の空澄みきつてゐたりけり
(鈴木真砂女)

一つ巌東風の怒濤に突き進む
(相馬遷子)

強東風の濤に突立つ巌柱
(上村占魚)

どこからも東風の出てゆく楢櫟
(古舘曹人)

東風吹けば在る雪ごほり水ごほり
(鳥居おさむ)

子の巣立ち淋しがらせて東風ひと日
(稲畑汀子)

きつぱりと海山わかつ桜東風
(宇多喜代子)

天神の絵馬にもいろいろありて東風
(高澤良一)

 


【和歌に詠まれた「東風」】


東風吹かば
匂ひをこせよ梅の花
主なしとて春な忘れそ
(菅原道真)

 


【関連季語・子季語】


荒東風  強東風

 


【他の季語を探す】


春の季語

夏の季語

秋の季語

冬の季語

新年の季語

五十音で探す

 

スポンサーリンク