門松

 


季 節


新年

 


【分 類】


時候

 


【意味・説明】


新年を祝って門松(かどまつ)を立てておく日のことを「松の内」といいます。

関東では元日から七日まで、関西では元日から十五日までとされることが多くみられます。


The day that Kadomatsu is set up to celebrate the New Year is called “matsunochi”.

In Kanto, it is often seen that it is taken from the New Year to the seventh day, in the Kansai from the New Year to the 15th.

 


【例 句】


口紅や四十の顔も松の内
(正岡子規)

松の内更けて雪駄を鳴らしけり
(尾崎紅葉)

二三寸雪つむ町や松の内
(松瀬青々)

ほろび行くものの姿や松の内
(高浜虚子)

子を持たぬ身のつれづれや松の内
(永井荷風)

借りて来し隣の三味や松の内
(吉武月二郎)

昼は日に夜は月星に松の内
(原石鼎)

よき衣の衿もと寒し松の内
(阿部みどり女)

松の内酔中に事なかりけり
(野村喜舟)

小人形それぞれ名あり松の内
(長谷川かな女)

古き世の顔も匂ふや松の内
(室生犀星)

ともづなのつかりし水や松の内
(久保田万太郎)

松の内こゝろおきなき朝寝かな
(高橋淡路女)

人の訃を二度も聞きけり松の内
(高橋淡路女)

幕あひのさざめきたのし松の内
(水原秋桜子)

庭の水恋ひて鶺鴒松の内
(山口青邨)

くしけづることていねいに松の内
(及川貞)

更けて焼く餅の匂や松の内
(日野草城)

はらからの訪ひつ訪はれつ松の内
(星野立子)

松の内一度の雪に会へるかな
(石川桂郎)

 


【関連季語・子季語】


松七日

 


【他の季語を探す】


春の季語

夏の季語

秋の季語

冬の季語

新年の季語

五十音で探す

スポンサーリンク