夏の夜の月と雲


季 節


 


【分 類】


時候

 


【意味・説明】


短夜とは、夏の夜が短いことを強調して表現する言葉です。

スポンサーリンク

 


【例 句】


月に人立つ短夜の夢ならず
(下村ひろし)

短夜に竹の風癖直りけり
(小林一茶)

短夜の明けて論語を読む子かな
(正岡子規)

短夜のあけゆく水の匂ひかな
(久保田万太郎)

短夜のうらみもどすや五月雨
(加賀千代女)

短夜の鐘のねいろに目覚めけり
(瀧井孝作)

短夜の狐を化かす狐あり
(内田百間)

短夜の櫛一枚や旅衣
(中村汀女)

短夜の須磨に明けけり残る月
(寺田寅彦)

短夜の乳ぜり泣く児を須可捨焉乎
(竹下しづの女)

短夜のつぎつぎ暁ける嶺の数
(飯田龍太)

短夜の壺の白百合咲き競ひ
(三橋鷹女)

短夜の寺の浴みの二人づゝ
(高野素十)

短夜の土堤の穂草は吹かれをり
(右城暮石)

短夜の芭蕉は伸びて仕まひけり
(夏目漱石)

短夜の星が飛ぶなり顔の上
(高浜虚子)

短夜のほそめほそめし灯のもとに
(中村汀女)

短夜のまだ濡れてゐし竹箒
(柿本多映)

短夜の三たびもめざめ暁遠し
(原石鼎)

短夜のみ枕北にわが父たり
(岸風三楼)

 


【関連季語・子季語】


明易し

 


【他の季語を探す】


春の季語

夏の季語

秋の季語

冬の季語

新年の季語

五十音で探す

 

スポンサーリンク