日照りの田


季 節


 


【分 類】


時候

 


【意味・説明】


水無月は、旧暦の六月の異称です。

スポンサーリンク

 


【例 句】


俳諧師青水無月の星愛す
(岸風三楼)

はじめての道も青水無月の奈良
(皆吉爽雨)

水無月と別るる線香花火かな
(中村汀女)

水無月に星も老ゆるや墓の上
(秋元不死男)

水無月の汗を離るる仏かな
(上島鬼貫)

水無月の当て無き櫂の雫かな
(池田澄子)

水無月の臼をほさうぞつき臼を
(上島鬼貫)

水無月の枯葉相つぐ梧桐かな
(原石鼎)

水無月の雲の耳より月うまる
(加藤楸邨)

水無月の高野豆腐を僧浸す
(萩原麦草)

水無月の木蔭に寄れば落葉かな
(渡辺水巴)

水無月の故国に入れば翠かな
(日野草城)

水無月の山菜親し斎の膳
(下村ひろし)

水無月の竹を叩くや俄雨
(松瀬青々)

水無月のたとへば北に病める葦
(佐藤鬼房)

水無月の萩の風呼ぶ日なりけり
(鈴木真砂女)

水無月の橋一僧を通しけり
(桂信子)

水無月のはや巡り来し一周忌
(稲畑汀子)

水無月の埃つもれる芭蕉かな
(鈴木花蓑)

水無月の山吹の花にたとふべし
(正岡子規)

 


【関連季語・子季語】


 

 


【他の季語を探す】


春の季語

夏の季語

秋の季語

冬の季語

新年の季語

五十音で探す

 

スポンサーリンク