菜の花

 


季 節


 


【分 類】


植物

 


【意味・説明】


「菜の花」は、アブラナ科アブラナ属の花の総称です。


“Nanohana” is a generic name for cruciferous plants of the genus Brassica.

スポンサーリンク

 


【例 句】


よしの出てまた菜の花の旅寐かな
(松岡青蘿)

寺ありて菜種咲くなり西の京
(正岡子規)

窓低し菜の花明り夕曇り
(夏目漱石)

世を戀うて花菜の嵐吹く中に
(飯田蛇笏)

菜の花といふ平凡を愛しけり
(富安風生)

僧の足袋菜の花あかりしてみどり
(河野静雲)

本を読む菜の花明り本にあり
(山口青邨)

大原女が摘む菜の花は胸にもゆ
(萩原麦草)

桃生けて菜の花生けて不足なし
(後藤夜半)

夕されば水より低き花菜ぞひ
(中村汀女)

息せるや菜の花明り片頬に
(西東三鬼)

咲き囃す花菜の中の庵かな
(日野草城)

菜の花に障子がほそくあけてある
(大野林火)

菜の花に疲れてをればみな昔
(加藤秋邨)

朝風や菜の花浮かす椀の中
(石塚友二)

菜の花がしあはせさうに黄色して
(細見綾子)

菜の花の中に家ある桃の花
(森澄雄)

塔の影伸び菜の花の色となる
(稲畑汀子)

いちめんの花菜みつばち見えてくる
(高澤良一)

いちめんの菜の花といふ明るさよ
(行方克巳)

 


【関連季語・子季語】


花菜

 


【他の季語を探す】


春の季語

夏の季語

秋の季語

冬の季語

新年の季語

五十音で探す

 

スポンサーリンク