新緑の間から射す太陽の光

 


季 節


 


【分 類】


時候

 


【意味・説明】


「夏めく」は、夏の初めに風物が夏らしくなってくる様子を表現する季語です。

スポンサーリンク

 


【例 句】


仰ぎ見る窓みなやさし夏めく日
(飯田龍太)

梧桐や夏めく宵の一つ星
(高橋淡路女)

エゾニウの夏めく雨にひろごれり
(長谷川かな女)

活字よく組めて余白の夏めきぬ
(渡辺水巴)

観音の臍も夏めく人ごころ
(森澄雄)

靴音の記者は乙女か夏めける
(室生犀星)

山水に夏めく蕗の広葉かげ
(飯田蛇笏)

袖かろし夏めく水仕はげまされ
(及川貞)

高潮の夏めく風に蝶々かな
(河東碧梧桐)

寺清浄僧等清浄夏めきぬ
(高野素十)

夏めきし港にまがる甃
(上村占魚)

夏めきて雷ころがれる山葵沢
(石原舟月)

夏めくや化粧うち栄え嬖
(高浜虚子)

夏めくや庭を貫く滑川
(松本たかし)

夏めくや霽れ雷のひとつぎり
(飯田蛇笏)

八方へ蔓にょきにょきと夏兆す
(高澤良一)

馬銜掛けしままの柱も夏めく夜
(飯田龍太)

松風の夏めく庵を追はれけり
(久保田万太郎)

昔ゐし牛込を過ぎつ夏めく日
(村山故郷)

湯上りの胸の黒子や夏めきぬ
(森澄雄)

 


【関連季語・子季語】


 

 


【他の季語を探す】


春の季語

夏の季語

秋の季語

冬の季語

新年の季語

五十音で探す

 

スポンサーリンク