猫柳の花

 


季 節


 


【分 類】


植物

 


【意味・説明】


猫柳は、ヤナギ科の落葉低木です。

水辺に自生して、高さは 3m ほどになります。

雄花の花穂が猫の尾に似ていることから、この名前がつけられました。


Nekoyanagi is a deciduous shrub of the Salicaceae.

It grows naturally on the waterside, and its height is about 3 meters.

This name was given because the spica of the male flower is similar to the cat’s tail.

 


【例 句】


暮れなづみ花のみそれと猫柳
(高浜虚子)

ねこやなぎ名残りの雨に日の通る
(飯田蛇笏)

猫柳子供が挿して咲きにけり
(富安風生)

銀の爪くれなゐの爪猫柳
(竹下しづの女)

猫柳日輪にふれ膨らめる
(山口青邨)

猫柳月の国よりもたらせし
(山口青邨)

万葉の古江の春や猫柳
(水原秋桜子)

猫柳旅の心になつかしき
(高野素十)

ときをりの水のささやき猫柳
(中村汀女)

猫柳高嶺は雪をあらたにす
(山口誓子)

ゆく春や穢くなりしねこやなぎ
(百合山羽公)

帰らざる猫に雨ふるねこやなぎ
(加藤秋邨)

来て見ればほゝけちらして猫柳
(細見綾子)

午過ぎは風立ちやすし猫柳
(相馬遷子)

薄明や水のなかにも猫柳
(桂信子)

そこらいつも妻のこゑあり猫柳
(森澄雄)

陽に睡り月に目覚めて猫柳
(飯田龍太)

川幅が余すひかりの猫柳
(鷲谷七菜子)

沼辺りの大地傾く猫柳
(稲畑汀子)

猫柳光もみ出すごときかな
(平井照敏)

 


【関連季語・子季語】


川柳

 


【他の季語を探す】


春の季語

夏の季語

秋の季語

冬の季語

新年の季語

五十音で探す

 

スポンサーリンク