大風でなぎ倒された稲


季 節


 


【分 類】


時候

 


【意味・説明】


二百十日は雑節の一つで、立春から数えて二百十日目です。

スポンサーリンク

 


【例 句】


雨音に臥しをり二百十日かな
(皆川白陀)

有明や二百十日の二十日月
(正岡子規)

無花果の実青き二百十日かな
(高浜年尾)

雷も恋しき二百十日かな
(水田正秀)

芋虫や二百十日のころげもの
(野村喜舟)

枝少し鳴らして二百十日かな
(尾崎紅葉)

おだやかな二百十日や鶏の声
(日野草城)

音もなき二百十日の古本屋
(斎藤夏風)

風少し鳴らして二百十日かな
(尾崎紅葉)

雲いろいろ彩る二百十日かな
(前田普羅)

こけもせで二百十日の鶏頭かな
(正岡子規)

乞食の二百十日も死なずして
(藤野古白)

此人に二百十日はあれずして
(榎本其角)

静かなる二百十日の萩を剪る
(長谷川かな女)

芒の穂二百十日も過ぎにけり
(正岡子規)

とにかくに殘暑も二百十日哉
(正岡子規)

鶏小屋や二百十日の恙なく
(野村喜舟)

二百十日異國の船のはいりけり
(正岡子規)

二百十日家具のごとくに二人ゐて
(櫂未知子)

二百十日の月に揚げたる花火かな
(村上鬼城)

 


【関連季語・子季語】


厄日

 


【他の季語を探す】


春の季語

夏の季語

秋の季語

冬の季語

新年の季語

五十音で探す

 

スポンサーリンク