神社の鯉幟

 


季 節


 


【分 類】


時候

 


【意味・説明】


立夏とは、一年を24等分したものに季節の名前を付けた二十四節気の一つです。

立夏の日付は毎年 5月5日・6日頃となります。

5/6 ~ 5/20頃の期間を「立夏」ということもあります。

 


【例 句】


遠のけば沈む橋立夏の海
(西山泊雲)

藤垂れて立夏の急雨到りけり
(臼田亞浪)

ながめたつ立夏の雲の小神鳴
(飯田蛇笏)

旅名残り雲のしかかる立夏かな
(飯田蛇笏)

吉原の水打つて夜となる立夏
(長谷川かな女)

朝月のうすれ~し立夏かな
(久保田万太郎)

立夏はや露ののぼれる水辺草
(大野林火)

二年竹もつとも太き立夏かな
(鈴木真砂女)

沖にすぐ雲湧く立夏のすべり台
(柴田白葉女)

夜に入つて降り出す雨も立夏かな
(村山故郷)

日ざしなき立夏の暦壁に剥ぐ
(石川桂郎)

雨の日の衣重ねたる立夏かな
(石川桂郎)

海の色まだ定まらぬ立夏かな
(中村苑子)

胎内の水音聴いてゐる立夏
(中村苑子)

樹々の香のなかへ入りゆく立夏かな
(桂信子)

ばち囃子立夏の瀬音はなやいで
(佐藤鬼房)

いま汲みて提げゆく水の立夏かな
(村越化石)

立夏とは木々に山鳩山鴉
(神尾久美)子

魚の影すばやく渓の立夏かな
(鷲谷七菜子)

熊谷草立夏の朝日届かざる
(山田みづえ)

 


【関連季語・子季語】


 

 


【他の季語を探す】


春の季語

夏の季語

秋の季語

冬の季語

新年の季語

五十音で探す

スポンサーリンク