梅の枝にとまった鶯

 


季 節


 


【分 類】


時候

 


【意味・説明】


立春とは、一年を24等分したものに季節の名前を付けた二十四節気の一つです。

立春の日付は毎年 2月4日頃となります。

2/4 ~ 2/18頃の期間を「立春」ということもあります。

 


【例 句】


雨の中に立春大吉の光あり
(高浜虚子)

立春の朝霧しづる枯枝かな
(臼田亞浪)

立春の上御一人に脱帽す
(渡辺水巴)

立春の暁の時計鳴りにけり
(前田普羅)

立春の雨やむ群ら嶺雲を野に
(飯田蛇笏)

立春の雨やむ群ら嶺雲を野に
(飯田蛇笏)

立春の日を一杯に老かなし
(阿部みどり女)

立春の大蛤をもらひけり
(原石鼎)

立春や香煙とゞく絵天井
(野村喜舟)

立春の日かげあまねき障子かな
(久保田万太郎)

立春の輝く潮に船行けり
(杉田久女)

立春の日をわきまふや牡丹の芽
(山口青邨)

立春の雉子を描きて画布立てる
(水原秋桜子)

あはれなり立春の日にみまかりし
(高野素十)

立春の窖出づる窩主買
(西島麦南)

立春のかゞやき丘にあまねかり
(高浜年尾)

立春のどこも動かず仔鹿立つ
(秋元不死男)

立春の鴉や曲る羽ひろげ
(百合山羽公)

みほとけの奈良に目覚めて立春や
(大野林火)

立春といふに雪降り孫生る
(皆川白陀)

立春の日ざしありつゝうすれつゝ
(稲畑汀子)

 


【関連季語・子季語】


春立つ

 


【他の季語を探す】


春の季語

夏の季語

秋の季語

冬の季語

新年の季語

五十音で探す

スポンサーリンク