初冬の木の枝

 


季 節


 


【分 類】


時候

 


【意味・説明】


立冬とは、一年を24等分したものに季節の名前を付けた二十四節気の一つです。

立冬の日付は毎年 11月7日頃となります。

11/7 ~ 11/21 頃の期間を「立冬」ということもあります。

 


【例 句】


立冬の山の樹騒ぐ音眼にす
(臼田亞浪)

立冬やとも枯れしたる藪からし
(臼田亞浪)

立冬のあとの青空松葉降る
(阿部みどり女)

立冬の川を彩る胡桃の黄
(阿部みどり女)

婚約をして立冬の鍋料理
(長谷川かな女)

立冬の大葉一枚宙よりして
(長谷川かな女)

ここにして蹲くまる碑の´´冬に入る´´
(松村蒼石)

風ひびき立冬の不二痩せて立つ
(水原秋桜子)

柊の華立冬の華として
(後藤夜半)

立冬の雨を力に風吹けり
(長谷川双魚)

立冬の塵穴菊を捨てそめし
(皆吉爽雨)

立冬の蒟蒻を食べまた老いぬ
(岸風三楼)

立冬の水にしばらく山うつる
(桂信子)

立冬や足許にきて動く波
(桂信子)

立冬の雨筋道の端にあり
(岸田稚魚)

音たてて立冬の道掃かれけり
(岸田稚魚)

立冬や紺の上衣に紺の闇
(飯田龍太)

立冬の横に引きぬく串團子
(古舘曹人)

門灯を消す立冬の暁の色
(村山砂田男)

立冬の空やためらひ傷のある
(柿本多映)

 


【関連季語・子季語】


 

 


【他の季語を探す】


春の季語

夏の季語

秋の季語

冬の季語

新年の季語

五十音で探す

スポンサーリンク